Number ExBACK NUMBER

謙虚な好青年か? 無鉄砲な若者か?
宇野昌磨、氷上で劇的に変わる性格。

posted2016/02/18 13:15

 
謙虚な好青年か? 無鉄砲な若者か?宇野昌磨、氷上で劇的に変わる性格。<Number Web> photograph by Ai Hirano

シニアデビュー1年目からGPファイナル3位の成績を残すなど好調の宇野。前回の四大陸選手権では右足首ねんざの影響もあり5位。今回の躍進が期待される。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Ai Hirano

 2月18日からフィギュアスケートの四大陸選手権が始まった。男子では昨年の王者デニス・テンや、元世界王者で休養から復活したパトリック・チャンなど強豪が揃う。Number896号では熾烈な争いの中、活躍が期待される日本の新鋭・宇野昌磨の独占インタビューを掲載。インタビュアーはフィギュア取材の第一人者・野口美惠氏だ。その内容は今季の活躍著しい宇野の躍進の秘密を赤裸々に明かすものとなった。

 2015年3月の世界ジュニア選手権に優勝し、今シーズンからシニアデビューした宇野。GPシリーズ2戦で活躍すると、いきなりファイナル進出を果たした。初舞台のGPファイナルでも堂々の演技で、羽生結弦、ハビエル・フェルナンデスという2人の世界王者に続いて3位に。12月末の全日本選手権では羽生に次ぐ2位となり、次世代エースとして名乗りを上げた。

 そんな宇野の取材は1月中旬、Number895号で掲載された宮原知子のインタビューと同じ日、同じ場所で行われた。宇野と宮原、2人は普段の練習拠点は異なるものの、今年4月に大学進学を控えた高校3年生。同世代として共通する部分も多いのだろうかと考えていたが、取材で感じたのは、正反対と言ってもいい2人の才能あふれるスケーターの姿だった。

 インタビューと撮影は、まず宮原の取材が先に行われ、入れ違いに宇野の取材が続けて行われた。2人の性質の違いは、写真撮影の際から表れていたといえる。カメラマンの平野愛さんが語る。

宮原と宇野の「静」と「動」。

「宮原さんはこういう撮影に慣れてないのか、とても緊張している様子で、私がこういう姿勢を取ってほしいとリクエストすると、さっとそのポーズを取って、あとはずっと集中して同じ状態を保っている。一方の宇野さんは逆に、こういう格好をしてほしいと決めてからも手や上体を動かしたり、一番いい写り方をずっと探しているようで、よく動くんですね。『静』と『動』というと大げさだけど、ずいぶん対照的な2人やなと思いました。撮影が終わったあとのインタビューも聞いてたんですけど、そのエピソードも正反対で、興味深かったですね」

 対照的だったのは、例えば学校生活についてのコメントだ。宮原はNumber895号のインタビューでこう答えている。

「友人が何でも話し合える大切な存在で、趣味のことも勉強のことも色々話します。学校のテストは、直前にバーッと詰め込むんですが、友達が『この辺が出るよ』とか教えてくれることも」

【次ページ】 「独りでいるのが好き」な好青年。

1 2 NEXT
宇野昌磨
宮原知子

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ