ゴルフPRESSBACK NUMBER

35歳の誕生日が9位スタートの最終日。
岩田寛、ゴルフ人生の「忘れえぬ日」。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph bySonoko Funakoshi

posted2016/02/04 10:30

35歳の誕生日が9位スタートの最終日。岩田寛、ゴルフ人生の「忘れえぬ日」。<Number Web> photograph by Sonoko Funakoshi

荒天で月曜日に持ち越された岩田寛の4日目。一桁順位の果実はほとんど手にしかけていたが……。

「僕は周りを幸せにするほうが幸せです」

 そう言えば以前、岩田がこんなことを言っていた。

「日本で初優勝したとき、あんまりうれしいと思わなかった。僕のために泣いてくれる人もいて、それを見ているほうがうれしかった。僕は周りを幸せにするほうが幸せです」

 葛藤はこれからも続くだろう。自問自答に終わりはないかもしれない。

 でも、岩田にはたくさんの光がある。その光をもっと大きなものにし、ハッピーにする。そこに、自分がクラブを振る本当の意味があるのだと、そう言ったのはあなたです。

 35歳の誕生日の夜を期せずして最終ラウンドの途上で迎えた岩田に、チームの面々はワイアレスのイヤホンをプレゼントした。

「これなら携帯で話しながらトレーニングしたり走ったりできるから」

 残りホールが持ち越しになった月曜日は新岡キャディの43歳の誕生日だった。答え探しの大事なプレーのスタート前であっても、岩田は忘れずに新岡に「おめでとう」の声をかけた。

 そんな岩田が真っ暗闇の中にいるわけがない。そう、光は確かにそこにある。岩田寛よ、自信を持って、歩むべし。

関連記事

BACK 1 2 3 4
岩田寛

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ