サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

U-23の、エースというよりキーマン。
中島翔哉という無尽蔵の10番。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2016/01/30 10:30

U-23の、エースというよりキーマン。中島翔哉という無尽蔵の10番。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

164cm、64kg。小さな体のハンデは、図抜けたスタミナとクイックネスで補うのだ。

「特別な選手になりたい」という揺るがぬ目標。

 しかし準決勝のイラク戦は、イラン戦同様に苦しんだ。フィジカルの強い相手に転がされ、なかなか存在感を示すことができなかった。それでも粘り強く戦ったがチャンスメイクにかかわる仕事が多く、フィニッシュにはなかなか絡めなかった。結局、中島自身はゴールを決められなかったが、原川力が後半ロスタイムにゴールを決めた時は、原川に抱きついて喜びを爆発させた。

「リオ五輪の出場権を取れたのはうれしいですし、Jリーグで試合に出れなかった時も僕を信頼して使ってくれた監督を、リオに連れていくことができたので、すごくうれしいです」

 イラク戦後、中島はうれしそうにそう語った。だが、笑顔を見せたのはここまでだった。

「試合は、もっとゴールが取れたと思います。相手は疲れて動きが悪かったですし、そこで早く2点目を取れなかったのが悔しかった。何よりも自分のパフォーマンスに納得がいっていない。試合に出ているのにチームに貢献できないのは問題だなと思いました」

 話を聞いてると、まるで負け試合のように感じてしまう。だが、それは決してひねくれているわけではないし、ネガティブに考えているわけでもない。チームが勝ったとしても満足せず、自分のプレーを客観視して高みを目指すのは、「特別な選手になりたい」という目標があるからだ。

「出場権は獲得しましたけど、僕個人は満足していない。何もできなかったイラク戦から決勝まで中3日で、どれだけ体力を回復できるか。どれだけ成長することができるか。少しでも成長して、決勝の韓国戦ではサッカーを楽しんで、点取って勝ちたいです」

 下馬評が低かったチームが最終予選で快進撃をつづけ、リオ五輪の出場権を獲得できたのは、中島が発露する高い意識がチームに浸透していった影響も大きかったはずだ。これからは意識だけではなく、名実ともに特別な選手になれるか。決勝の韓国戦は、中島にとってその試金石となる試合となる。

関連記事

BACK 1 2 3
中島翔哉
手倉森誠
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ