F1ピットストップBACK NUMBER

ほぼ無風のF1ドライバー移籍市場。
唯一移籍するグロージャンの思いとは。

posted2015/12/30 11:00

 
ほぼ無風のF1ドライバー移籍市場。唯一移籍するグロージャンの思いとは。<Number Web> photograph by Getty Images

2015年シーズンで唯一、表彰台に上ったベルギーGPで、スタッフと喜びを分かち合うグロージャン。この光景はもう見られない。

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Getty Images

 2015年シーズンを戦ったチームのうち、マノー・マルシアを除く9チーム18人のドライバー中じつに17人が、2016年も同じチームからレースに参戦する。近年のF1では珍しい状況である。

 理由として考えられるのは、2015年のドライバーの質が程よく安定したレベルだったことだ。それを象徴していたのが、ルーキードライバーたちの活躍である。

 開幕戦ではザウバーからF1にデビューしたフェリペ・ナッサがいきなり5位入賞。これはブラジル人ドライバーのF1デビュー戦としては最高位で、ネルソン・ピケやアイルトン・セナといった偉大なる先輩たちを上回る記録だった。

 F1史上最年少となる17歳166日でデビューを果たしたマックス・フェルスタッペンの走りも、期待以上だった。デビューわずか2戦目で初入賞を果たしただけでなく、ハンガリーGPとアメリカGPでは表彰台まであと一歩に迫った。

 ザウバーはシーズン中盤にナッサの残留を発表。トロ・ロッソは正式発表していないものの、アドバイザー役のヘルムート・マルコが「2016年もドライバーラインアップに変更はない」ことを明かしている。

シート争いが白熱しない真の理由。

 だが、2016年へ向けて、ストーブリーグが例年ほど熱くなっていない理由はもうひとつある。それは、チームが必要とする持参金を用意できるドライバーが限られているため、シート争いが過熱しないからである。

 そんな中、チームの引き留め工作を振り切ってまで、移籍という道を選んだドライバーがいる。2015年までロータスで戦っていたロマン・グロージャンだ。

 グロージャンが所属していたロータスは、シーズン途中から財政難に陥り、取引企業への不払いから、後半戦は常に参戦が危ぶまれるという状況で戦っていた。そんなロータスにシーズン後半に手を差し伸べたのが、かつて共に戦った仲であるルノーだった。

 イギリス・エンストーンにファクトリーがあるロータスは、2002年から9年間、ルノーの支援を受け、「ルノー」の名前でF1を戦い、2005年と2006年に2連覇した経験を持つ。それだけに、ルノーとのコンビ復活の話はロータスにとって、明るくなるニュースになるはずだった。

【次ページ】 チーム愛がゆえの苦渋の決断。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ロータスF1チーム
小松礼雄
ロマン・グロージャン

F1の前後のコラム

ページトップ