フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

超人的強さの羽生が再び魅せる!
今季の全日本は歴史的大会へ――。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2015/12/24 15:00

超人的強さの羽生が再び魅せる!今季の全日本は歴史的大会へ――。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

GPファイナル3連覇、フィギュア史上最高得点と異次元の強さを発揮し続けている羽生。

演技の安定性で抜き出ている宮原。

 バルセロナのファイナルでは、初出場で2位に入賞した宮原知子。NHK杯、GPファイナルと通してミスらしいミスをしていない彼女の安定性は、驚くほどだ。

 どのジャンプも急くことなく着実に、きっちりと同じタイミングで着氷をする。

 カルガリー五輪金メダリストのブライアン・ボイタノを、振付師のサンドラ・ベジックが「ボードからセンチ刻みのほぼ同じ場所で、同じように何度もジャンプを着氷できる選手だった」と評したことがあるが、宮原にも同じような能力があるのではないか。そう思わせるほど正確な技術は、誰よりも練習熱心という彼女の努力の賜物に違いない。それと同時にSPの「ファイアーダンス」、フリーのリストともに、滑り込むほどに表現力が増し、シニアらしい存在感のある演技を見せるようになった。タイトル保持者である彼女が、どのような戦いぶりを見せてくれるのか、楽しみである。

村上佳菜子、本郷理華らの巻き返しに期待。

 GPファイナル進出を逃した村上佳菜子、本郷理華らにとっては、全日本選手権がシーズン後半に向けての巻き返しのチャンスである。

 村上佳菜子はスケートカナダと、SPのみで中断されたエリック・ボンパール杯ではどちらも4位と惜しいところだった。メダルは逃したが、演技の内容的には決して悪いできではなかった。鍵となるのは、このところミスが続いている2アクセルをしっかり降りることだろう。

 今シーズン、鈴木明子に振付を依頼して一皮剥けたように見える本郷理華には、中国杯で見せたような伸び伸びとした演技を期待したい。これから彼女が五輪を目指して世界で戦っていく上で、今季の代表は絶対に逃したくないところであろう。

【次ページ】 才能あるジュニアたち。

BACK 1 2 3 4 NEXT
羽生結弦
浅田真央
宇野昌磨
本郷理華
村上佳菜子
村上大介
山本草太

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ