スペインサッカー、美学と不条理BACK NUMBER

書類トラブルでレアルに残った男。
ケイロルが12戦3失点で守護神定着! 

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/10/29 10:40

書類トラブルでレアルに残った男。ケイロルが12戦3失点で守護神定着!<Number Web> photograph by Getty Images

レアル・マドリー初のコスタリカ人であり、今季からは1番をカシージャスから引き継いでいる。

なぜ昨季は控えで、オフに放出要員に?

 カシージャスを巡って二分していたサンティアゴ・ベルナベウのスタンドは、新たなサント(聖守護神)の到来と共に一体感を取り戻した。専門家たちは「これほど素晴らしい選手がなぜ昨季は控えに甘んじ、オフには放出要員とされたのか?」とペレスへの皮肉混じりにケイロルのプレーを賞賛。チーム内では「ケイロル“パラス”」(パラール=止める)なんて呼ぶ選手も出てきたようだ。

 5本の決定的セーブによってまたも勝利の立役者となった先週末のセルタ戦後、ケイロルは自身の公式HPにて次のコメントを発していた。

「今は1つ1つのシュートを確信を持って受けることができている。それはとても重要なことで、日々のトレーニング、そして仲間たちのサポートを通して得られるものなんだ」

 恐らくデヘア獲得を諦めていないペレスは、そんなケイロルの活躍をどんな心境で眺めているのだろうか。どうであれ、ケイロルが会長の顔色など気にする必要はない。ファン、メディア、チームメートがみな彼を認め、全幅の信頼を置いているのだから。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ケイロル・ナバス
レアル・マドリー
ダビド・デヘア

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ