Number ExBACK NUMBER

日本最高のキッカーが語る極意。
中村俊輔のFKはいかに生まれるのか? 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2015/10/27 16:00

日本最高のキッカーが語る極意。中村俊輔のFKはいかに生まれるのか?<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

37歳の中村俊輔は今季、自らの持つJ1フリーキック最多得点記録を更新し通算20点とした。

「“この感覚面白いな”と思ってFK練習に取り入れる」

「最近プライベートで子供たちとボウリングをやる回数が増えてきて、うまくいかないときは奥じゃなく、手前を見ることで修正することを覚えた。ピンをGK、レーンに記された▲マークを壁に置き換えると“この感覚面白いな”と思ってFK練習に取り入れているし、このときも壁の1カ所だけを見て打つようにしてみた」

 続いて第9節の浦和戦で西川周作から決めた芸術的なFKについて聞いた。

 ゴール正面約20m。高速スライダー気味の軌道を描いたシュートは右隅に突き刺さった。

 このときに意識していたのは西川の「反応からの追い足の速さ」。だからこそ、普段よりもインパクトを速くして、横回転よりもスピードが出やすい「斜め回転」のボールを蹴ったのだ。

 そして最後の締めくくりは仙台戦のFK。日本代表GKの六反がほとんど反応できなかった圧巻の軌道だった。このときに中村が考えていたのはGKのタイミングをいかに外すかということだった。壁に入っているフィールドプレイヤーの雰囲気とGKの構え方や視線を瞬時に把握して、本来思っていた方向とは逆に蹴った。

中村俊輔にとってFKはもはやFKではない。

 ここまで話を聞いて思ったのは、中村俊輔という選手にとってFKはもはやFKではないということだ。彼の思考を辿っていくと、それはPKの考え方に近い。

 だからこそ、思い切って聞いてみた。

 中村俊輔にとってフリーキックとは? しばらく考えていた彼は、こちらが差し出した色紙におもむろに書き出した。

 その答えはシンプルにして力強いものだった――。

中村俊輔が明かしたフリーキックの極意とは? 考え抜いた末に直筆で書いた言葉は力強く説得力のある答えだった。
37歳にして、超一流の技術と豊富な経験をプレーに反映し続けている男の貴重な肉声の続きはNumber888号にてお楽しみください。

関連記事

BACK 1 2
中村俊輔
横浜F・マリノス

Jリーグの前後の記事

ページトップ