F1ピットストップBACK NUMBER

日本GPでハミルトンとアロンソに明暗。
セナと並ぶ勝利数と“GP2”の屈辱。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/09/28 11:40

日本GPでハミルトンとアロンソに明暗。セナと並ぶ勝利数と“GP2”の屈辱。<Number Web> photograph by Getty Images

レースフィニッシュ直後、マシンの上で優勝の喜びを爆発させたハミルトン。

「もし生きていたらもっと勝っていたはず」

 これで勝利数ではセナに並んだハミルトン。だが、セナを超えたとは思っていない。

「だって、アイルトンがもしイモラであのような事故に遭わずに、レースを続けていたら、もっとたくさんのレースに勝ったはずだからね。今後は、彼の分まで勝ち続けたい。もし彼がいまでも生きていたら、きっと友達になれたはずだから」

 ハミルトンとは対照的に、この日、鈴鹿で怒りを爆発させたのがアロンソである。

 アロンソもまた、セナを尊敬しているドライバーのひとりだ。3歳のとき、父親に買ってもらったゴーカートを、セナがドライブしていたマクラーレン・ホンダのカラーリングにしたほどだった。

 だが、アロンソが加入した今年のマクラーレン・ホンダは、アロンソの期待を下回るものだった。それはマクラーレン・ホンダの一員として初めて臨んだ日本GPでも同じだった。

 特にさまざまなコーナーが複雑に組み合わされ、長いストレートが2本もある鈴鹿は、車体性能とパワーが問われるだけに、現在のマクラーレン・ホンダの課題が一層浮き彫りになった。

天国のセナは、この2人をどう見たか……。

 スタートで好ダッシュを決め、序盤から入賞圏内を走行していたものの、その後、周回を重ねるごとにライバル勢にオーバーテイクされていったアロンソは無線でこう叫んで、マクラーレン・ホンダの現状を嘆いた。

「GP2に乗ってる気分だ。惨めだよ」

 GP2とはF1直下のカテゴリーで、アロンソは現在のマクラーレン・ホンダのマシンは、F1のレベルにないということを無線でチームに訴えていたのである。

 セナの41勝のうち、30勝はマクラーレン・ホンダで挙げたもの。しかし、そのセナも鈴鹿では喜びとともに、嘆き悲しんだものだった。

 特別な場所で表彰台の頂点に立って歓喜したハミルトンと、ノーポイントに終わって激昂したアロンソ。

 セナはこの日、天国からどのように2人の走りを見ていたのだろうか……。

関連記事

BACK 1 2
アイルトン・セナ
ルイス・ハミルトン
フェルナンド・アロンソ
マクラーレン・ホンダ

F1の前後の記事

ページトップ