全日本ラリー選手権レポートBACK NUMBER

国内唯一の国際ラリー「ラリー北海道」。
雨を味方に奴田原文雄が今季初優勝。
 

text by

CINQ(サンク)

CINQ(サンク)CINQ

PROFILE

photograph byTOYOTA

posted2015/09/24 17:30

国内唯一の国際ラリー「ラリー北海道」。雨を味方に奴田原文雄が今季初優勝。<Number Web> photograph by TOYOTA

昨季クラスチャンピオンである奴田原文雄&佐藤忠宜組が今季初勝利を飾った。

タイトル決定は第8戦以降に持ち越しに。

 石田のリタイアによりトップは天野に代わったが、その天野もフロントブレーキやエンジンマウント、サスペンションにトラブルを抱え、いつリタイアしてもおかしくないという状況だった。

 一方、天野を追いかける関根正人/竹下紀子組(三菱ミラージュ)も、すでにSSで多用する3速ギヤと4速ギヤを失った状態で、いつもの速さは発揮できないという苦しい状態。19日すべてのSSを走り終え、瀕死の状態でサービスに戻った天野と関根とのタイム差わずか8.6秒。それぞれ規定の45分で修復作業を行い、最終日の戦いに備えた。

 注目の最終日は、前日のサービスでミッション交換を行った関根がオープニングのSS12でベストタイムを奪い、天野を逆転して首位に浮上する。

 天野は前日のサービスで修復作業は終えたものの、パーツの調達が間に合わず暫定仕様のままでの出走となった。そのため、前日にみせた速さを発揮することができず、関根との差は徐々に広がっていく。結局、逆転に成功した関根が逃げ切り今季3勝目を獲得。今シーズンのグラベルラリー3戦すべてを勝利で飾った。

 2位の天野は、今回チャンピオン確定の可能性もあったが、関根が優勝しシリーズランキング2位に浮上したことにより、タイトル決定は第8戦以降に持ち越されることとなった。

TOYOTAのモータースポーツへの挑戦
『TOYOTA GAZOO Racing』   http://gazooracing.com

関連記事

BACK 1 2 3
奴田原文雄
新井敏弘

モータースポーツの前後の記事

ページトップ