沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

真夏のスーパーGIIで現れた“本物”。
ハイペースを押し切ったディサイファ。  

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/08/24 11:45

真夏のスーパーGIIで現れた“本物”。ハイペースを押し切ったディサイファ。 <Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

鞍上の四位は毎年夏は北海道を主に戦っているが、デビュー25年目にして初の札幌記念勝利だったという。「勝つのは初めて。うれしかった」とコメントした。

前へ行った馬が崩れたことが意味する、本物の強さ。

 ディサイファは函館で2戦2勝だったので、これで洋芝での戦績を3戦3勝とした。

 2着のヒットザターゲットも札幌、函館での戦績が6戦2勝2着2回4着以下2回、3着のダービーフィズも2戦1勝3着1回となり、洋芝適性の差が出たように見えるが、勝敗を分けたのはそれだけではないだろう。

 ディサイファは早めに函館に入厩し、今月上旬に札幌に移動してからも入念に調整された。

「追い切りもビッシリこなすことができて、元気があり余っていた」と四位が言うほど、絶好の状態に仕上がっていた。

 前半1000メートルは既述のように58秒9で、勝ちタイムは1分59秒0。ということは、後半1000メートルは60秒1と、前半より後半のほうがタイムを要した。こうなると、前に行った馬が失速し、後ろに控えた馬に有利になるのが普通だ。現に、逃げたトウケイヘイローは9着に沈んだ。2着のヒットザターゲットも3着のダービーフィズも後方待機策をとり、展開を味方につけた。

 そんな流れのなか、まったく無理せず前に行って押し切ったのだから、ディサイファの強さは本物だ。

 管理する小島太調教師が、「筋肉がゆるくて(出世が)2年遅れた」と言う晩成型の大器が、完成されようとしている。

 今後は毎日王冠から天皇賞・秋に進む。

 惨敗したトーホウジャッカルと、弾け切れなかったラキシスはどのように巻き返してくるか。

 今年も真夏のスーパーGIIが、いくつもの秋の楽しみをプレゼントしてくれた。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
ディサイファ
トーホウジャッカル
ラキシス

競馬の前後の記事

ページトップ