欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

プレミア2戦目で得た確かな評価。
初得点の岡崎慎司が更に望むもの。 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/08/17 11:30

プレミア2戦目で得た確かな評価。初得点の岡崎慎司が更に望むもの。<Number Web> photograph by AFLO

プレミア挑戦2試合目にしてゴールを決めた岡崎慎司。ブンデスリーガとは異なるスタイルのリーグに早くも適応すると同時に、得点を奪う能力の高さをファンに見せ付けた。

自ら1点、起点となって2点目を決めた第2節。

 そして、第2節での初ゴール。クロスボールを予測し、早い動きだしからペナルティエリアへ侵入する。右足ダイレクトで放ったシュートがGKに弾かれると、自らそのボールに反応し、ヘディングシュートでゴールネットを揺らした。前節でアーセナルを完封したウエストハムのDF陣を翻弄した先制点だった。2点目も、岡崎が前線でボールをキープしたことが起点になっている。

 後半になると相手の猛攻を凌ぐ時間が続き、1点を返されながらも1-2で勝利を収めた。しかし、レスターのボールポゼッションはわずか30%。これが現実なのだ。今後対戦する強豪チームの数は多い。

 劣勢のなか、少ないチャンスを得点につなげる。マインツ時代に話していた「ボールタッチ数なんて少なくてもいい」というタフさがレスターでも生きている。2トップという布陣だが、コンビを組むバーディーとの連携のなかでポジションを変えながら、中盤で組み立てたり、クサビを受けたり、裏へ抜け出したり、あらゆる状況に瞬時に反応し続ける。そんな姿に、改めて岡崎の対応力の進化を痛感させられた。

 それは、ピッチ内外で重ねた経験、追求し続けた思考。彼のキャリアの賜物なのだろう。

 しかし岡崎は、過去を捨ててきたと入団会見で語っている。

「何かにこだわるのではなく、いろんなものを捨ててここに来た。だからもう一度いろんなものを取り入れたい。マインツで1トップという居場所を見つけたように、このチームで自分が輝ける場所を見つけたい。自分はゴールをとりにプレミアリーグに来ている。このチームで新しい感覚を身につけて、このリーグで点を取れるコツというのを見つけたい。そして、日本代表でも決定力不足、得点力不足と言われるのを自分が解消したい」

周囲の期待よりも、岡崎慎司自身こそが欲深い。

 29歳の新人は、図太い。

「ゴールを決めても、その余韻に浸るよりもすぐに次のことを考えてしまう。次も決めないと、意味がないから」

 かつて岡崎はそう話していた。活躍すればするほど注目が集まり、期待が高まるなかで、新たな結果を残すことは難しくなるかもしれない。周囲の目は「もっともっと」とさらに望み、欲深くなるもの。

 でもきっと、誰よりも欲深いのは岡崎慎司、彼自身なのかもしれない。

 だから、過去を捨てることも厭わない。輝いていたかつての自分にはそれほど興味が無いのだ。

「まだまだやれるはず」と限界を嫌い、成長のきっかけに飢えている。それを探しにイングランドへやってきた。

 29歳の新人は、強欲だ。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4
岡崎慎司
レスター

海外サッカーの前後の記事

ページトップ