ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

その道は描けているか?
~錦織圭が歩む『頂点への道』~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byWataru Sato

posted2015/05/20 10:30

その道は描けているか?~錦織圭が歩む『頂点への道』~<Number Web> photograph by Wataru Sato

『頂点への道』錦織圭/秋山英宏著 文藝春秋 1550円+税

 順風満帆な男だと、皆は勘違いしているのかもしれない。プロテニスプレイヤー、錦織圭のことだ。男子テニス界を牽引する最高峰プレイヤーの背中は確実に近づいてきている。けれど、現時点での決定版とも呼べるこの自伝を読めば、ランキングの背後に隠れている汗と苦悩と歓喜を知ることになるだろう。

 5歳でテニスを始め、13歳で渡米。17歳でプロになり18歳で初優勝。そんな順調すぎる錦織を襲った肘の負傷をどれだけの人が覚えているだろう? 1年間を棒に振り、ランクも898位まで落ちた。そこからの再起を記したのがこの本だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

錦織圭

テニスの前後のコラム

ページトップ