NumberEYESBACK NUMBER

横綱に関脇・照ノ富士も。伊勢ヶ濱部屋の強さの秘密。
~効率と団結が生む「当たり前」~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2015/05/14 10:30

横綱に関脇・照ノ富士も。伊勢ヶ濱部屋の強さの秘密。~効率と団結が生む「当たり前」~<Number Web> photograph by KYODO

横綱・日馬富士と関脇の照ノ富士ら5名の幕内力士が切磋琢磨する。

合宿や福祉施設の慰問で育む“心”とチームワーク。

 そして、環境を変えてみっちりと稽古する“合宿”が多いのもこの部屋の特徴だ。6月の大阪合宿、夏の北海道・青森合宿、10月の岐阜での合宿は毎年恒例。福祉施設などの慰問にも力を入れ、スケジュールを割くのも師匠の方針だ。

「応援してくれる人を身近に感じられる。力士であるからこそ、まげを付けている間に貢献できることは、たくさんあるんですから」

 知らず知らずのうちに“心の稽古”を積んでもいるのが、伊勢ヶ濱部屋の力士たちなのだろう。

 部屋の兄貴分である安美錦によると、「うちはみんな仲がいい。横綱も俺も関取衆も、しょっちゅう一緒に出掛けて、カラオケ唄って盛り上がってるよ」という。そんな言葉を伝えると「ふ~ん……。そうなんだ。それって当たり前のことじゃない?」と、師匠は父親のような眼差しで笑みを浮かべた。厳しい稽古とチームワーク。伊勢ヶ濱部屋の強さの秘密は、「当たり前の日常」にこそあった。

 5月場所、早くも大関昇進の期待が掛かる照ノ富士。伊勢ヶ濱部屋一丸となった援護射撃が、その背中を押すか。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

伊勢ヶ濱部屋
日馬富士
照ノ富士
安美錦
宝富士
誉富士

相撲の前後のコラム

ページトップ