SCORE CARDBACK NUMBER

梅野源治が直面したムエタイ“神の階級”の壁。
~軽量級最強を逃した差とは?~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2015/05/10 10:30

梅野源治が直面したムエタイ“神の階級”の壁。~軽量級最強を逃した差とは?~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

試合後リング上で号泣した梅野。5月10日に再びルンピニースタジアム1位の相手に挑む。

 かつてこれほど激しいムエタイがあっただろうか。そう言いたくなるほど、梅野源治がペットモラコット・ウォー・サンプラパイに挑戦したルンピニースタジアム認定スーパーフェザー級タイトルマッチ(4月19日・東京)は興奮とスリルに満ち溢れた一戦だった。

“立ち技最強”と呼ばれて久しいムエタイはいくつもの世界タイトルが存在する。梅野もふたつの「世界」を持っているが、ムエタイにはそれ以上の権威を持つ王座が存在する。タイの首都バンコクにある、ルンピニーとラジャダムナンの両スタジアムがそれぞれ認定する王座だ。

 とりわけルンピニーの方は過去に王者になった外国人選手は2名のみ。選手層が豊富な“神の階級”とすら言われる60kg以下の軽量級に至っては皆無だ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

梅野源治

ボクシングの前後のコラム

ページトップ