セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

史上稀に見る“小さな”ミラノダービー。
欠場の本田と長友、未来はどっちだ。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/04/22 10:40

史上稀に見る“小さな”ミラノダービー。欠場の本田と長友、未来はどっちだ。<Number Web> photograph by AFLO

ともにミラノダービーに出場が叶わなかった本田圭佑と長友佑都。これまで、試合で2人があいまみえたのは1度のみ。来季の2人の去就に注目が集まる。

長友の価値、そして本田への信頼は?

 右肩脱臼や肉離れなどで、今季のリーグ戦出場が10試合に留まっている長友についても、マンチーニはその価値を今も測りあぐねているだろう。

 長友のインテルとの契約は、来季終了とともに満了する。延長するにしろ、移籍先を探すにしろ、シーズン終了後に何らかの動きがあるのは間違いない。

 未出場に終わったミラノ・ダービーの後、ミックスゾーンを通り過ぎる長友の表情は、あくまで爽やかさを保とうとしていた。来季以降のポジションについてアピールする機会があと7試合しか残っていないことは、本人が誰よりよくわかっているはずだ。

 ダービーでまたしても先発できなかった本田も、試合後のミックスゾーンへ口を真一文字に引き締めて現れた。

 インザーギは本田を起用しなかった理由を、大事をとっただけだと試合後会見であらためて強調していた。指揮官は本田に、シーズン最終盤のもうひと踏ん張りを求めている。

「本田(の足首)は回復している。彼は再び主役級の活躍をしてくれるはずだ」

 きっちりとクラブのオフィシャルスーツに身を包んだ本田は、歩みを止めることなく、報道陣へ軽く会釈してサン・シーロを後にした。

関連記事

BACK 1 2 3 4
本田圭佑
長友佑都
インテル
ACミラン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ