マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

先制点を取られて「いい顔」になる。
巨人・田口麗斗が即戦力なのは当然! 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/04/18 10:40

先制点を取られて「いい顔」になる。巨人・田口麗斗が即戦力なのは当然!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

田口麗斗は、9月に20歳を迎える19歳。堂々たるマウンドでの表情や立ち姿からは、彼がいかに強靭なメンタルを持っているかがひしひしと伝わってくる。

初勝利のお立ち台で「はじめまして、2年目の田口です」。

「はじめまして、2年目の田口です」

 プロ初登板、初勝利のお立ち台。今度はこう挨拶をして、話を切り出した田口麗斗。

 オリジナリティ。そんな一面もあったのか。人とは違う何かを。自分だけの何かを。それは“ピン”で働き、稼ぎ、名を残そうとする者共通の矜持であろう。

 知恵と、工夫と、試行。

 人にない何かを探し、開拓し、身につけることで、プロ野球界に一人しかいない“田口麗斗”を構築しようとする気概が伝わる。

 サイズがサイズなので、投手で10年、15年というわけにはいかないかもしれない。

 ならばその時は、「1番・センター・田口麗斗」でもやってくれそう。そんな妄想が私の頭の中にすでにある。

 重なるのは、150km台の快速球左腕が惜しくも形にならず、プロ7年目で打者に転じて、今はヤクルトの4番に君臨する高井雄平だ。

 そういう「二刀流」も、大歓迎である。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

田口麗斗
読売ジャイアンツ
広島新庄高校

プロ野球の前後のコラム

ページトップ