サッカーの尻尾BACK NUMBER

リスボンで評価が分かれる田中順也。
突出する、練習でのあるデータとは。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/03/11 16:30

リスボンで評価が分かれる田中順也。突出する、練習でのあるデータとは。<Number Web> photograph by AFLO

今年1月11日に初ゴールを挙げた田中順也。現在リーグ戦3得点だが、出場機会は増えてきているだけに、まだまだ伸びていきそうだ。

田中「日本人はただでさえ、舐められている」

 しかし逆を言えば、練習では力をみせてはいるものの、それを試合で活かしきれていない、ということにもなる。練習では田中の半分も決めていないエースのスリマニはリーグで8点、モンテーロは7点といずれも田中の上を行く。

 試合で決めなければ外される、田中にはそんな覚悟もある。

「チャンスを逃せば、すぐに出られなくなる。今はそんな中で過ごしている。日本人はただでさえ、ある意味で舐められている部分もあるんです。そういう意味では、ゴール前で日本人らしくあることをやめないと。

 ナニにもスリマニにも、出してほしい時には強く言っている。ナニは基本的には個人技が多いけれど、“この時はオレが裏に抜けるから”と何度も言っていれば、その形では出してくれるようになった。FWとして、要求することは意識しています」

 シーズン終了まで3カ月を切った。残り少ない時間の中で、決定力不足という、常に日本人に貼られるレッテルをはがすことができるか。

「ここで結果を残して成功したい」

 田中は遠くを見据えながら、最後の3カ月の戦いに挑んでいる。

関連記事

BACK 1 2 3
田中順也
スポルティング・リスボン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ