Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<解任5日後、番記者に明かした本音>
ハビエル・アギーレ 「日本サッカー協会の決断は、ある程度予想できたことだった」 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byTsutomu Takasu

posted2015/02/26 11:50

<解任5日後、番記者に明かした本音> ハビエル・アギーレ 「日本サッカー協会の決断は、ある程度予想できたことだった」<Number Web> photograph by Tsutomu Takasu
日本サッカー協会会長から受けた契約解除の電話の5日後、
アギーレは最も親しいスペイン人記者と食事を共にした。
2時間にわたる会話の中で明かされた代表監督への情熱、
八百長騒動から解任の顛末、日本に対する印象とは。

 2月8日の夜、マドリードのとあるレストランでハビエル・アギーレと夕食を共にした。

 アギーレにとって、本来は休暇のためのスペイン帰省だった。しかし帰国して間もなく、彼は日本から一本の電話を受けることになる。それは日本サッカー協会会長からの契約解除の知らせだった。

 2月3日に解任が決まった直後、私は彼に電話をかけ、短い時間ではあったがその件については話をしていた。しかし実際に会うのは、東京まで出かけた昨秋以来、約3カ月ぶりのことだ。

 アギーレの表情は明るく、いつものバイタリティに満ちていた。そこにあったのは私が知っている、いつもの冷静な彼の姿だ。夕食は2時間余りに及び、私たちはいろいろなことを話した。

 突然の解任について。UAEに敗れ、失望に終わったアジアカップについて。日本代表チームと代表選手たち。そして日本サッカーについて――。

 道半ばで退くことになったアギーレが発する言葉のひとつひとつは、半年の間、彼が全力を注いだ日本サッカーへの、最後のメッセージのように思えた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ハビエル・アギーレ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ