ブックソムリエ ~必読!オールタイムベスト~BACK NUMBER

暗く、深く、危険で妖しい。ボクシングの魅力を読む。
~ファン歴70年、女性視点の1冊~ 

text by

馬立勝

馬立勝Masaru Madate

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2015/02/18 10:00

暗く、深く、危険で妖しい。ボクシングの魅力を読む。~ファン歴70年、女性視点の1冊~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『オン・ボクシング』ジョイス・キャロル・オーツ著 北代美和子訳 中央公論社 現在絶版

 ノーベル財団は文学賞候補の名を発表しない。なのに世界中のメディアが毎年候補者名を報じる。オーツ女史もその常連の一人。「時々尋ねられることがある。あんな乱暴なスポーツを見て、どこが楽しいの?」と女史は書いている。答えるのは「たやすいことではない」。女史自身10代の初めにボクシング好きの父と観戦に行き、「あの人たちは、なぜ闘い、わざわざ痛い思いをするの?」と尋ねた。現在ボクシング・ファン歴70年に及ぼうかという女史が28年前に出した回答が本書だ。

 ボクシングのすべてを、いとおしみ、味わい、考察するモザイクのようなエッセイ。読みやすいとはいえない。英文のセンテンスは長いし、それを“正確”に訳した日本語も難解(ボクシング映画『罠』、『傷だらけの栄光』などを原題カタカナ表記は困る)だが、十分に刺激的だ。チャンピオンや無名選手たちの発言をキーに、様々な角度からボクシングを語り尽くす言葉の連打。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 467文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ジャパンクライシス~日本サッカーはなぜ弱くなったのか~

関連記事

ボクシングの前後の記事

ページトップ