SCORE CARDBACK NUMBER

キックボクシング熱高まる中国市場の問題と可能性。
~ずさんな進行、地元贔屓も……~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byKoji Fuse

posted2015/02/18 10:10

キックボクシング熱高まる中国市場の問題と可能性。~ずさんな進行、地元贔屓も……~<Number Web> photograph by Koji Fuse

2014年9月9日、中国の最強少林寺僧と呼ばれている一龍に、判定で勝利した自演乙。

 最近、中国全域でキックボクシングが活況を呈している。中でも注目を集めているのは、かつてのK-1のように海外のトップ選手を揃えた『Kunlun Fight』だ。1月3~4日には南京で16名参加の70kg級トーナメントが開幕。アンディ・サワーも参戦した。

 この大会だけではない。ほかにも『武林風』『英雄伝説』といった大きなイベントが立ち上がり、頻繁に興行を打っている。『武林風』はもともと河南省の地元テレビが番組として制作していた格闘技大会だったが、人気番組となった現在海外も含めて年間60もの興行を打つまでに巨大化した。1月27日には日本の新立ち技格闘技イベント『ファイティンググローブ』が『武林風』との業務提携を発表。4月12日には東京で武林風選抜と日本代表が7vs.7の対抗戦を行なう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 590文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ジャパンクライシス~日本サッカーはなぜ弱くなったのか~

関連記事

長島☆自演乙☆雄一郎

格闘技の前後の記事

ページトップ