SCORE CARDBACK NUMBER

ヤクルトの“二刀流”雄平が歴史に挑む。
~通算19勝左腕がスラッガーに~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph bySankei Shimbun

posted2015/02/12 10:00

ヤクルトの“二刀流”雄平が歴史に挑む。~通算19勝左腕がスラッガーに~<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

打者転向以降、当時二軍打撃コーチだった真中監督と二人三脚の練習で基礎を作り上げた。

 ピッチャーとして見ていた風景は、今も彼の脳裏に焼きついている。

「神宮のマウンドに立つと、バックネットのお客さんがすごく近くに感じるんです。ブルペンでは声も聞こえましたよ。『ダルビッシュの先輩だ』って(笑)」

 高校時代、ダルビッシュ有の前に東北のエースナンバーを背負っていた高井雄平は、ピッチャーとして最速で151kmを記録。バッターとしても高校通算36本のホームランを放ち、投打ともに高い評価を受けていた。つまりは二刀流予備軍だったのだが、まだそんな発想もない時代、プロではピッチャーに専念する。しかしながら7年間で18勝19敗と伸び悩み、6年前、彼は野手転向を決断した。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

東京ヤクルトスワローズ
高井雄平

プロ野球の前後のコラム

ページトップ