SCORE CARDBACK NUMBER

アジアの勢力図を変える、ラウールの“遺産”。
~急成長する“中東版カンテラ”~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/02/10 10:30

アジアの勢力図を変える、ラウールの“遺産”。~急成長する“中東版カンテラ”~<Number Web> photograph by AFLO

2012年にカタールのアル・サッドに移籍。4月からは米国2部のNYコスモスでプレーする。

 アジアカップでの日本の早期敗退を見ても分かるように、中東勢の間で日本に対する苦手意識は薄れつつある。日本もそのテクニックに苦しんだUAEのオマル・アブドゥルラフマンを筆頭に、中東にも欧州のビッグクラブが狙う若いタレントが生まれつつあるからだ。

 UAEの隣国カタールも2022年ワールドカップ開催を見据え、若手を強化する国家的プロジェクトを進めている。それが『アスパイア・アカデミー』だ。

 同アカデミーは8歳から18歳までの能力の高い選手を厳選し集中的に強化。施設内には学校や宿泊設備もあり、選ばれた選手たちは平日そこで練習し、週末に所属クラブで試合を行なう日々を送る。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 640文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ジャパンクライシス~日本サッカーはなぜ弱くなったのか~

関連記事

ラウール・ゴンサレス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ