SCORE CARDBACK NUMBER

見所はジャンプだけに非ず! 華麗なる“髪飾り対決”。
~女子フィギュア、オシャレ最前線~ 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/02/04 10:00

見所はジャンプだけに非ず! 華麗なる“髪飾り対決”。~女子フィギュア、オシャレ最前線~<Number Web> photograph by AFLO

今季、躍進を見せたラジオノワは弱冠16歳。憧れの選手に浅田真央の名前を挙げている。

 芸術とスポーツの2つの魅力を持つフィギュアスケート。ジャンプだけでなく、「いかに自分をアピールするか」も重要な戦略となる。衣装やメイクも演技の一環として手を抜けない。

 今季、快進撃を続けるロシアと日本の女子2人は、全く同じアイテムで演技を効果的に演出している。頭をぐるりと3周する光る石の髪飾り。会場の照明を乱反射する“お姫様”のティアラのような輝きに、いやがうえにも目が行く。

 最初に使ったのは、ロシアのエレナ・ラジオノワ。6月に来日した際、ダンス用品店チャコットを訪れ「今季のフリーのピアノ協奏曲に合いそう」と考え入手した。お披露目となった10月のジャパンオープンでは演技面を高評価され、136.46点で自己ベストを更新した。すると、その試合をテレビで観た本郷理華は「今季のショート『海賊』の衣装に合う」と直感して同商品を購入、10月のスケートカナダで自己ベストを更新した。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

エレナ・ラジオノワ
本郷理華

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ