松山英樹、勝負を決める108mmBACK NUMBER

松山英樹が、笑顔を取り戻すまで。
無茶でも手探りを止めなかった1年間。 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/01/27 10:30

松山英樹が、笑顔を取り戻すまで。無茶でも手探りを止めなかった1年間。<Number Web> photograph by AFLO

1月のヒュンダイ・トーナメントオブチャンピオンズで3位Tとなり、好スタートを切った松山英樹。米ツアー2年目、表情の変化が彼の精神的な成長を物語っているようだった。

「安いか、高いか、わかんないっすよ」

 松山英樹が当惑気味にそう言ったのは昨年の冬だった。米ツアーはすでに10月から新シーズンが開幕していたが、12月は公式競技が行なわれないオフの時期。一時帰国して11月にダンロップフェニックスで勝利を飾った松山は、12月初旬に再び米国へ戻り、タイガー・ウッズの大会と呼ばれるヒーロー・ワールド・チャレンジ出場のため、フロリダ州オーランドにやって来ていた。

 米ツアー本格参戦1年目だった2013-14年シーズンは、ロサンゼルス市内のホテルを一時的な“拠点”にして転戦した松山。だが、2年目となる2014-15年シーズンの本格始動を睨み、このとき松山はオーランドで家探しをしていた。

 この地に拠点を置く米ツアー選手は多い。かつてウッズの豪邸があったのはアイルワース。その他にもレイクノナ、ベイヒルなどハイエンドなゴルフ・コミュニティがいくつもある。松山もそうしたエリアを回って物色した様子で、あんなのもあった、こんなのもあったと話してくれていたのだが、そのとき彼の口から飛び出したのが冒頭の言葉だった。

 高級住宅地ゆえ、日本円にして何千万円、億を超える物件も多々あったはず。

「安いか、高いか、わかんないっすよ。だってほら、家とか買ったことないし……」

 いや、何もここで「松山英樹の家探しレポート」を書こうとしているわけではないのだが、家探しにまつわる彼の言葉を聞いたとき、「ああ、これだな」という確信を得た。

連発した「問題ない」「疲れてない」「大丈夫」。

 わからない。知らない。やったことない。当たり前だが、それこそが昨季の松山の現実だった。彼にとって米国は未知の国。米ツアーは未知の世界。とりわけシーズン序盤はどの大会も初めてのコースでの戦いとなり、毎週毎週、彼は未知の18ホールに足を踏み入れていった。

 しかし彼は「わからない」「やったことない」とは決して言わなかった。

「コースは練ラン(練習ラウンド)して1回見れば覚えられるんで」

 そう、彼はいつも周囲の心配をきっぱりと否定し、「問題ないです」「関係ないです」「疲れてない」「気にしてない」「考えてない」と言い切った。そして最後には自身に言い聞かせるかのように「大丈夫です」。

 大丈夫なわけないだろう? 心が揺れることもあるだろう? 技が狂うことも、体が疲れることだってあるだろう? そう思って尋ね返してみても、彼はまるでトラブルフリーのロボットのように「ない」「ない」「ない」と言い続けた。

【次ページ】 強ばっていた表情と、大いなる無理。

1 2 3 NEXT
松山英樹

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ