SCORE CARDBACK NUMBER

プロレス大賞MVP、棚橋が立つ「ド真ん中」。
~受賞3回目、次の野望は猪木超え~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/01/03 10:30

プロレス大賞MVP、棚橋が立つ「ド真ん中」。~受賞3回目、次の野望は猪木超え~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

2014年は超満員札止めも多かった新日本プロレス。棚橋を中心に低迷期を乗り切った。

 目立ちたがり屋が、再び業界のド真ん中に立った。

 2014年度のプロレス大賞で最優秀選手賞に輝いた新日本プロレスのエース、棚橋弘至のことだ。新年1月4日、新春恒例の東京ドーム大会で新世代の旗手オカダ・カズチカを迎え、IWGPヘビー級王座初防衛戦を行う。

 筆者も選考委員を務めるプロレス大賞の選考会でMVPの候補に挙がったのは棚橋、オカダ、中邑真輔、柴田勝頼の4人。いずれも新日本の中心選手だ。同団体がいかに2014年をリードしたかがわかる。その中で投票21票中18票と圧倒的支持を集め、3年ぶり3度目の栄冠をものにしたのが、棚橋だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 607文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

羽生結弦~2014-15 フィギュアスケート~

関連記事

オカダ・カズチカ
棚橋弘至
中邑真輔
柴田勝頼

プロレスの前後の記事

ページトップ