SCORE CARDBACK NUMBER

ノアの歴史が迎えた15年という「節目」。
~丸藤らの奮闘と、三沢の七回忌~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/01/31 10:30

ノアの歴史が迎えた15年という「節目」。~丸藤らの奮闘と、三沢の七回忌~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

フィニッシュ・ホールドの「虎王」を繰り出す丸藤(右)。ノア取締役副社長も務めている。

 創立15周年を迎えたノア。1月10日、東京・後楽園ホール大会で行なわれたGHCヘビー級選手権試合では、王者・丸藤正道が新日本の刺客、小島聡を迎え撃った。21分1秒の熱闘の末、師匠・三沢光晴の看板技「変型エメラルドフロウジョン」でKO勝ち。6度目の防衛成功である。昨年7月には永田裕志(新日本)からベルトを奪回、10月にも関本大介(大日本)を退けての奮闘ぶりであるから、リーダーとしての面目を保ったかたちだ。

 だが、その後が続かなかった。鈴木みのる率いる新日本のヒール「鈴木軍」に襲われ、袋叩きにされる醜態をさらしてしまったのだ。この乱入は、1月4日の新日本・東京ドーム大会の8人タッグ戦で飯塚高史が丸藤のヒザ蹴り(虎王)で敗れたことに対する報復だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 591文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

二十歳のころ。

Sports Graphic Number 870

二十歳のころ。

 

関連記事

丸藤正道
小島聡
鈴木みのる
三沢光晴

プロレスの前後の記事

ページトップ