SCORE CARDBACK NUMBER

セブンズと15人制、女子の進歩は両輪で。
~ラグビーガールズの強化策~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2014/12/27 10:30

セブンズと15人制、女子の進歩は両輪で。~ラグビーガールズの強化策~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

12月27日は花園で女子高校セブンズがある。会長杯MVP平野恵里子(日体大)も出場した。

「女子もラグビーするの?」

 そんな質問を、最近は受けなくなった。'16年リオ五輪から7人制ラグビーが男女とも正式種目入り。仁川アジア大会では日本男子が金、女子が銀メダルに輝いた。リオと東京でのメダル獲得に向け、'14年春には女子の国内サーキットも誕生。大学と社会人を問わず7人制を主眼とした新チーム立ち上げも相次いでいる。高校生女子の大会も、春の選抜大会(熊谷)、夏のコベルコ杯(菅平)、冬の東西対抗(大阪・花園)という3大会がカレンダーに定着。小中高生を対象にしたユースアカデミーも頻繁に開催され、オリンピアンを目指すラグビーガールズが元気に楕円球を追う。「女子ラグビー」の認知度はかなり高まった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 629文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

羽生結弦~2014-15 フィギュアスケート~

関連記事

リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

ラグビーの前後の記事

ページトップ