SCORE CARDBACK NUMBER

スペインも見習う、誇るべき日本のサッカー文化。
~ザック、アギーレも認めた安全性~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/12/16 10:00

スペインも見習う、誇るべき日本のサッカー文化。~ザック、アギーレも認めた安全性~<Number Web> photograph by Getty Images

A・マドリーのセレソ会長は「サッカーの試合は家族が楽しむためのものだ」とコメント。

「英国や日本のスタジアムを見習え!」スペインでは最近、そんな声が聞かれる。発端は11月末のA・マドリー対デポルティーボ戦で死傷者が出たことだ。この事件ではデポルの過激派ウルトラスのメンバーだったフランシスコ・ロメロ氏が頭部に損傷を負い死亡。サッカー協会やリーグ連盟、各クラブはスタジアムの安全のための規制作りに動いている。

 英国を模範にするべきと叫んだのは、こちらもスタジアムの暴力問題に悩むイタリア出身のアンチェロッティ監督だ。伊、英、仏と欧州各国での指揮経験を持つ彼は事件後に「英国には暴力はなく、スタジアムには子どももいる。我々ラテン人が見習うべき文化だ」と率先して主張し、貴重な意見として受け入れられた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 628文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

Face of 2014~写真で振り返る2014年総集編~

関連記事

海外サッカーの前後の記事

ページトップ