SCORE CARDBACK NUMBER

4度の王座争いで磨かれた、ハミルトンの「勝負哲学」。
~アメリカGPで見せた7つの勝負勘~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/11/19 10:00

4度の王座争いで磨かれた、ハミルトンの「勝負哲学」。~アメリカGPで見せた7つの勝負勘~<Number Web> photograph by Getty Images

アメリカGPで2位のライバル、ロズベルグの前で喜ぶハミルトンは、2度目の王座を狙う。

 デビュー8年目のハミルトンにとってタイトル争いは4度目。決戦の場は最終戦アブダビGP、相手は同じメルセデスのロズベルグに絞りこまれた。

 過去3回とも最終戦で王座を争っている。首位で臨んだ'07年はマシン・トラブルで1点差に泣き、'08年には最終周の最終コーナーで5位に浮上し、1点差で初戴冠。そして'10年、稀に見る4人対決に挑むも敗れた。今回の相手、ロズベルグは初のタイトル争い。今季中盤までロズベルグに差をつけられ、終盤に首位を奪還したハミルトンは、こう言い続けてきた。

「最終戦アブダビGPのファイナルラップを終えるまでの戦いだ」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ルイス・ハミルトン
メルセデスAMG
ニコ・ロズベルグ

F1の前後のコラム

ページトップ