SCORE CARDBACK NUMBER

有力ジョッキーが猛勉強中。初の外国籍JRA騎手誕生へ。
~ルメール、デムーロが常時参戦か~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/11/16 10:30

有力ジョッキーが猛勉強中。初の外国籍JRA騎手誕生へ。~ルメール、デムーロが常時参戦か~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

ルメールは2002年に中央競馬初騎乗。重賞初勝利はハーツクライ騎乗で制した2005年有馬記念。

 JRAの新規騎手免許試験は、地方競馬の現役騎手や一度は騎手を引退した調教助手に門戸が広げられてから注目度が増した。それに加えて、クリストフ・ルメール(フランス、35歳)、ミルコ・デムーロ(イタリア、35歳)という世界のビッグネームの受験も伝えられており、1次試験の発表だというのに人だかりができたほど。と言っても、個人情報保護とやらで1次の発表は受験番号のみ。当事者だけがわかればいいという趣旨だ。

 しかし「8番、9番」という数字の羅列でも、すぐにそれが2人の外国人騎手であると判明してしまうのが競馬サークルの狭さゆえ。受験者が身近にいて、手がかりに事欠かないからだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 636文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

クリストフ・ルメール
ミルコ・デムーロ

競馬の前後のコラム

ページトップ