SCORE CARDBACK NUMBER

斎藤佑樹が確かめた理想のピッチング。
~CSの裏で見出した2つのポイント~ 

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/11/08 10:30

斎藤佑樹が確かめた理想のピッチング。~CSの裏で見出した2つのポイント~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

今季の一軍でのラスト登板は9月29日の西武戦。5回を2安打1失点で勝利投手となった。

 あまりにも寂しい光景だった。観客は30人から40人程度だったろうか。ファイターズが日本シリーズ出場を懸けて戦った福岡には、その1000倍の視線が注がれていたというのに、宮崎でのこの試合は、テレビ中継もなければ、テーブルスコアが新聞に載ることもない。

 10月21日、CSの勝者がホークスに決まった翌日。ファイターズの背番号18、斎藤佑樹がマウンドへ上がった。舞台はCSではなくフェニックス・リーグ。相手は韓国のハンファイーグルスだった。

 この試合、斎藤は立ち上がりから1点ずつを失ったものの、徐々にリズムを取り戻す。スライダーのコントロールに苦しみながらも、力のあるまっすぐを軸に6回を3点にまとめてマウンドを降りた。斎藤は試合後、こう言っていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 602文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

これでいいのか? 日本代表。

Sports Graphic Number 864

これでいいのか? 日本代表。

 

関連記事

斎藤佑樹
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ