スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

青木宣親、「笑わない男」の前に散る。
WSを制した大エース、バムガーナー。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/10/30 14:15

青木宣親、「笑わない男」の前に散る。WSを制した大エース、バムガーナー。<Number Web> photograph by AFLO

ワールドシリーズを制覇し、マディソン・バムガーナーは一瞬だけ感情を露にした。直後にいつもの無表情に戻ったが、世界一の称号は「笑わない男」にとっても重いものだった。

「ミスター・オクトーバー」の誕生だ。

 MLBで過去にこの称号を与えられてきたのは、レジー・ジャクソンなどスラッガーたちだった。

 しかし今年は違う。ジャイアンツのエース、マディソン・バムガーナーが、ワールドシリーズ第1戦、第5戦で2勝、おまけに第7戦でも5イニングを投げてセーブまでマークしてしまったのである!

 3勝3敗で迎えた第7戦。「俺たちに明日はない」最終戦だけに、両軍ともに序盤から惜しみなく投手を使っての継投に入った。

 バムガーナーは「笑わない男」だ。いつでも淡々とマウンドで仕事をする絶対的なエースを、ボウチー監督は5回からつぎ込んだ。

 ロイヤルズのヨースト監督は、

「彼がリリーフとしてどんな投球を見せるのか、間もなく分かる」

 と余裕とも思える発言を試合前にしていたが、攻略の糸口を見つけられなかった。

 5回に登板したバムガーナーはなんとなんと、ゲームセットまで投げきってしまったのである。ボウチー監督はクローザーのカシーヤを使わず、最後の最後までバムガーナーを信じた。「適材適所」の采配で知られる監督だが、最後は理屈抜きでエースとの心中を選択した。

 2014年のメジャーリーグは「バムガーナーのワールドシリーズ」として記憶されることになるだろう。

インステップと、しなる左腕。

 バムガーナーと3試合対戦したロイヤルズは、なぜ彼を攻略できなかったのだろうか。

 主軸に左打者を多く抱えるロイヤルズにとって、変則的な投げ方をする左腕のバムガーナーは、とにかく相性が悪かった。まさに「鬼門」だったのである。

 バムガーナーの特色は、

・一塁側に踏み出す「インステップ」
・ブーメランのようにしなる左腕

 の2点だ。

【次ページ】 日本ではまず見かけないスタイルと軌道。

1 2 NEXT
カンザスシティ・ロイヤルズ
サンフランシスコ・ジャイアンツ
青木宣親
マディソン・バムガーナー
ネッド・ヨースト

MLBの前後の記事

ページトップ