SCORE CARDBACK NUMBER

名主将ジーターの引退は一つの時代の終焉なのか。
~イチローも絶賛した存在感、言動~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2014/10/20 10:30

名主将ジーターの引退は一つの時代の終焉なのか。~イチローも絶賛した存在感、言動~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

ジーターの引退セレモニーには、カル・リプケンやマイケル・ジョーダンら、豪華な顔ぶれが揃った。

 メジャーを代表するスーパースター、デレク・ジーターが、現役を引退した。1995年にメジャーデビューして以来、ヤンキースひと筋20年。本拠地ヤンキースタジアムで最後の試合となった9月25日のオリオールズ戦では、9回裏、劇的なサヨナラ安打を放つ離れ業を演じ、自ら幕を引いた。超満員のファンから割れんばかりの拍手を受けたジーターは、試合後、慣れ親しんだ遊撃の定位置で祈りを捧げ、別れを告げた。

「ほとんど泣きそうだった。ヤンキースの遊撃手になることが5~6歳の頃からの夢だった。その夢が終わるということ。多くの人にこんなチャンスがあるわけではないからね」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 623文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

デレク・ジーター
イチロー
ニューヨーク・ヤンキース

MLBの前後のコラム

ページトップ