女三代フルマラソンに挑むBACK NUMBER

大阪マラソンの成功祈願はお墓参り。
ほのぼのランのはずが、あわや遭難!? 

text by

中島彩

中島彩Aya Nakajima

PROFILE

photograph byAya Nakajima

posted2014/10/17 10:50

大阪マラソンの成功祈願はお墓参り。ほのぼのランのはずが、あわや遭難!?<Number Web> photograph by Aya Nakajima

お墓参りまでの道のりに自信満々だった2人だが……。走りながらの道案内は簡単ではない、ということか。

「あそこ、奈良県ですよ」

 立ちつくしてしまった私たちは、なんとか電波がつながった携帯電話で、タクシーを呼ぶことに。およそ10分でタクシーが到着し、私たちは帰路につきました。そして運転手さんから衝撃の発言が。

「あんな車しか通らん国道で何してましたん?」

「実は私たち○○霊園を目指していたんですけど」

「へ? 今、居はった所、全然ちゃいますよ」

「あそこ、奈良県ですよ……」

 これには3人で、口をあんぐり開けてしまいました。

 気が付けば15km以上走っていた私たちは、県境を越えてしまっていたのです!

 運転手さんは「3人でそんな走って、あんたらどエライね」と、なぜかあっぱれな表情。

 祖母は祖母でそれを真に受け「ほんまや! いっぱい(距離を)稼げて良かったわ~」と、自分の走りに納得の様子。こっちはハラハラしてたというのに……。

 お墓にたどり着けなかった私たちは、今度は公共交通機関を使って、もう一度お墓参りに行く約束をしました。ご先祖様に15kmを無事に走れたことの御礼と、大阪マラソンでの完走を見守ってもらうために。

 まさかの迷子になりましたが、ご先祖様に守ってもらって、事故や怪我なく、山から生還することができましたとさ。やれやれ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
中島彩

陸上の前後の記事

ページトップ