REVERSE ANGLEBACK NUMBER

不条理か、「神の見えざる手」か。
MLBポストシーズンでの“ある判定”。 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/10/16 10:30

不条理か、「神の見えざる手」か。MLBポストシーズンでの“ある判定”。<Number Web> photograph by Getty Images

7回の危機を乗り切り、ガッツポーズを見せるマディソン・バムガーナー。ポストシーズン敵地連続無失点のメジャー記録を打ち立てた。

緊迫した試合で現れる「神の見えざる手」。

 日本でも勝敗を分ける大きなボークがつい最近あった。最終戦でジャイアンツに勝てば2位確定というカープの前田健太が、5回まで無失点に抑えながら、6回にボークで1点を失い、そこから崩れて敗れた。こちらはボークを宣告されて崩れたケース。ボークは打ち崩されたわけでもないのにひとつ塁を与えるので精神的な打撃が大きい。マエケンも明らかにボークのあとは冷静さを失っていた。だからバムガーナーはリードしていてもがけっぷちに立っていたともいえる。

 カーディナルスからすれば自分たちではいかんともしがたい不条理で、試合を盗まれた気分かもしれない。かつて、日本シリーズでドラゴンズのヒット性のあたりが審判に当たり、長打にならずに好機を逸したということがあった。ちょっとそれを思い出した。選手にとってはやるせないだろうが、こういう「神の見えざる手」が働くのを見るのも、緊迫した試合の楽しみといえる。

関連記事

BACK 1 2 3
マディソン・バムガーナー
サンフランシスコ・ジャイアンツ
セントルイス・カージナルス

MLBの前後の記事

ページトップ