SCORE CARDBACK NUMBER

再起戦で株を上げた井岡。三つ巴戦は実現するか。
~打倒ロマゴン、井上との夢対決~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2014/10/05 10:30

再起戦で株を上げた井岡。三つ巴戦は実現するか。~打倒ロマゴン、井上との夢対決~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

再起戦は序盤から鋭いジャブとボディーで優勢に立つと、打ち合いを制して大差判定勝利。

 井岡一翔が9月16日のノンタイトル戦でグッと評価を上げた。5月にタイのアムナットに初黒星を喫し、世界王座3階級制覇のトライに失敗していたが、この日後楽園ホールでリング復帰を果たし、コロンビアから招いたパブロ・カリージョに大差判定勝ちを収めた。

 イージーな相手に楽勝したのではない。WBAランキング14位のカリージョは、タフで、好戦的で、野心に溢れた難敵だった。井岡得意のボディーブローにも耐えたコロンビア人は、時に連打で井岡を防戦一方に立たせる場面もあり、最後まで井岡ファンをハラハラさせた。

 井岡が株を上げたのは、そんな骨のある相手を選び、これをしっかりと負かしたことに尽きる。誰とは言わないが、実力差のありすぎる相手に圧勝しても、ファンに歓迎されるどころか、逆に人気を落としてしまうこともある。井岡の強さを引き出してくれたカリージョはまさに理想的な相手だったといえよう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 532文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

内田篤人と本田圭佑に問う。~日本代表の理想と現実~

関連記事

井岡一翔
パブロ・カリージョ
井上尚弥
ローマン・ゴンサレス
八重樫東

ボクシングの前後の記事

ページトップ