Number on NumberBACK NUMBER

新戦術の副産物。
~高さを“諦めた”女子バレー~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/09/22 10:00

新戦術の副産物。~高さを“諦めた”女子バレー~<Number Web> photograph by Getty Images

主将を務める木村沙織はWGP決勝ラウンドの前日に28歳の誕生日を迎えた。

 バレーボールのワールドグランプリ(WGP)で女子日本代表は初のメダルを獲得した。それも銀メダルで、9月23日開幕の世界選手権を前に、手応えのある成績を残した。

 WGPは1993年から毎年夏に行われており、世界ランキングの上位国によるリーグ戦である。五輪、世界選手権、W杯の開催年にもその前に行われ、三大大会の前哨戦という性格を持っている。日本が取り組んでいる新しい戦術については、テレビ中継でもずいぶん紹介されたから、耳にした人も多いだろう。「ハイブリッド6」と命名され、ちょっと演出過剰に思えた人もいたかもしれない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

木村沙織
佐野優子
眞鍋政義
長岡望悠
大野果奈
高田ありさ
新鍋理沙
岩坂名奈
大竹里歩
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ