テニスPRESSBACK NUMBER

フルセットの勝率77%は歴代1位。
錦織圭、歴史に残る勝負強さの秘密。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2014/09/04 16:30

フルセットの勝率77%は歴代1位。錦織圭、歴史に残る勝負強さの秘密。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

「フルセットの試合は喜んでプレーしてます。第4、第5セットになると集中力が増す」と試合後に錦織圭は語った。

錦織もコーチも、頭にあるのは「あと2つ」だけ。

 4大大会で優勝経験のあるコーチの言葉が、錦織というタレントにプラスアルファの何かを与えていることは間違いない。実際、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)を破った4回戦のあとの錦織の言葉は、耳を疑うようなものだった。

「決勝に行くまではなかなか喜べないですね。今日の勝ちは評価できますが、結果としては、まだまだ……。勝てない相手も、もういないと思うので」

 大言壮語の嫌いな錦織が、勝てない相手はいないと公言し、決勝に進むと言葉にしている。選手の気持ちを鼓舞するコーチと、それに応えようとする錦織は、今や心情を共有しているに違いない。

 初の4大大会ベスト4、しかし、錦織もチャン・コーチも満足はしていないはずだ。あと2つ。今、師弟の頭にあるのはそれだけだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
錦織圭
スタニスラス・ワウリンカ
マイケル・チャン
ミロシュ・ラオニッチ

テニスの前後の記事

ページトップ