ブックソムリエ ~新刊ワンショット時評~BACK NUMBER

コスモポリタンへのレッスン。
~『サッカーと人種差別』を読む~ 

text by

幅允孝

幅允孝Yoshitaka Haba

PROFILE

photograph byRyo Suzuki

posted2014/09/02 10:00

コスモポリタンへのレッスン。~『サッカーと人種差別』を読む~<Number Web> photograph by Ryo Suzuki

『サッカーと人種差別』陣野俊史著 文春新書 750円+税

 ダニエウ・アウベスがバナナを拾って口に入れた。その後、口をもぐもぐとしながらコーナーキックの狙いを定め、ボールを蹴る。このわずか数秒の出来事を捉えた映像が、全世界を駆け巡ったことは記憶に新しい。

 バナナはずっと人種差別の象徴的な記号だった。それをひょいと拾い上げ、皮肉を込めてパクリと食べたアウベスのユーモアは瞬く間に世界中の支持を得る。そして、同じようにバナナを食べる写真をSNSに投稿するサッカー選手や監督も続き、行為はひとつの運動となった。

 だが、陣野俊史はその行動の顛末を冷静に見極める。確かにアウベスのパフォーマンスはあらゆる場所で話題となった。だが、本当に笑い飛ばして終わることなのか?

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 335文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯後の世界。~EUROPEAN FOOTBALL 2014-2015~

関連記事

ダニエウ・アウベス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ