野球善哉BACK NUMBER

昨秋覇者・沖縄尚学が失った「底力」。
“ライアン”山城、夏の暑さに散る。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2014/08/22 17:00

昨秋覇者・沖縄尚学が失った「底力」。“ライアン”山城、夏の暑さに散る。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

沖縄尚学のエース山城大智は試合後「相手の方が上だった」とさっぱりした表情で話した。

秋には追いつけた点差が、この夏には重たいものだった。

 またその苦しさは、5回表の守備にも影響を与えていた。2死満塁で9番・今井を迎えた場面だ。たとえ今井に適時打が出て2点を失って3点差となっても、沖縄尚学の打線なら決して絶望的な点差ではない。しかしこの時、沖縄尚学の外野陣は前進守備を決断した。1点は失っても、2点目はやるまいと。結果的にはこれが裏目に出て、浅い外野の間を破る適時二塁打となった。

「9番でしたし、勝負をかけた」と比嘉監督が言うように、決してこの判断が間違っていたわけではない。しかし早い回でリスクを承知で勝負をかけざるを得なかった裏には、チーム状態への不安があったのだ。

 主将の赤嶺が唇を噛む。

「点差が離れていても、気持ちだけは切らさないようにと思っていました。しかし、甲子園という舞台は違っていました。僕たちには力がなかったんだと思います」

 昨秋までは絶望的ではなかった点差が、この夏の沖縄尚学にとっては、果てしなく重たい点差だった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
沖縄尚学
比嘉公也
長野勇斗
宇都宮東真
赤嶺謙
山城大智
山本庸真
内田蓮
世古錬
安里健
中林健吾
今井重太朗
日本文理高校
三重高校

高校野球の前後の記事

ページトップ