Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<主将が振り返るW杯> ロビン・ファンペルシ 「監督はまるで予言者だった」 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph byItaru Chiba

posted2014/07/25 11:00

<主将が振り返るW杯> ロビン・ファンペルシ 「監督はまるで予言者だった」<Number Web> photograph by Itaru Chiba
大会前は決して前評判の高くなかったオランダが、
強豪国やダークホースを次々撃破しベスト4まで進出した。
強固な守備から鋭いカウンターを仕掛けるその戦術からは、
かつてのオランイェに欠けていた勝利への執念が覗えた。
チームのキャプテンが語った、ブラジルW杯とは――。

 PK戦を制し、マラカナン行きを決めたアルゼンチンの選手が、サポーターと喜びを爆発させる。青いベンチコートに身を包んだファンペルシは、監督のファンハールと共に、その様子を身じろぎもせずに見つめていた。

 W杯優勝。オランダ代表は「悲願」を今回も達成できなかった。4年前の南ア大会では決勝で涙を飲んでいるだけに、雪辱を果たせなかった痛みはなおさら大きい。

 しかし冷静に振り返るなら、ブラジル大会で得たものは少なくない。準決勝進出は一つのサプライズでもあったからだ。

 オランダ代表は、欧州予選で圧倒的な強さを発揮。ファンペルシは、本大会で、優勝を狙いにいくと断言していたが、彼の言葉を真に受けた人間はいなかった。

 オランダが入った組は、予選グループB。優勝候補のスペインが順当に1位で通過すれば、オランダは決勝トーナメントの1回戦でブラジルと当たる形になる。ファンハール率いるオレンジの集団は、早々と姿を消すだろうというのが大方の読みだった。

 ところが予想はいきなり覆される。大会2日目、オランダはスペインを5-1で破り、関係者やファンの度肝を抜いたのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3395文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ブラジルW杯2014 The Final

Sports Graphic Number 857

ブラジルW杯2014 The Final

 

ロビン・ファンペルシ
ルイス・ファンハール
アリエン・ロッベン
ブラジルW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ