ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

全米女子OP、舞台裏の悲哀と気概。
アマチュア野澤真央が手に入れた物。 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byYoichi Katsuragawa

posted2014/06/26 10:30

全米女子OP、舞台裏の悲哀と気概。アマチュア野澤真央が手に入れた物。<Number Web> photograph by Yoichi Katsuragawa

10歳からゴルフを始め、現在はクラーク記念国際高等学校の3年生の野澤真央。昨年は愛知県女子アマチュアゴルフ選手権などで優勝争いを演じた。ベストスコアは64。

目の当たりにした元世界ランク1位の迫力に圧倒。

 とはいえ、経験に乏しい10代アマにとっては、日本では考えられないほどに充実した練習環境があり、動く“教本”がいくらでもあった。

 ドライビングレンジでは、元世界ランキング1位のヤニ・ツェン(台湾)に目を奪われた。鋭いスイング、弾道…。遠くで見てるだけでは、だんだん我慢できなくなってきた。

「どうしてか分からないんですけど、ヤニ選手の後ろの打席では、誰も打たないんですよ」

 米女子ツアーの選手の間には、ひょっとしたら「ヤニの後ろには入ってはいけない」なんていう“不文律”があるのかもしれない。ひょっとしたら、振り返って怒られるかもしれない。

「でも自分は『ここは勇気を出して入るべきだ』って。生で練習を見られる、しかもこんなに近くで見られる機会なんて絶対に無い」

 キャディを伴って、背中越しでボールを打つことにした。目の前の迫力に圧倒された。そして、ヤニに怒られることもなかった。

「ここより難しいところなんてないでしょう?」

 彼女にとって、わずかな“ギフト”と言えたのが、全米女子オープンが今年、史上初めて男子の全米オープンの翌週に同会場で開催されたことかもしれない。

 ゴルフを始めた小学5年生から、憧れはタイガー・ウッズだった。女子オープン開催週前に、本場PGAツアーのトップ選手たちが世界一の称号を争う様を肌で感じられた。腰痛のタイガーには会えなかったが、昨年王者のジャスティン・ローズと記念写真を撮ってもらった。

「練習で良いから、本当は1回くらいコースを回りたかった」というのが本音だが、現地の雰囲気を味わい、その場を目に焼き付けただけでも、刺激的な経験だった。「ここに戻ってきたい」。木曜日にコースを去る顔は、どこか晴れやかだった。

 日本に帰ればまた、アマチュアのフィールドで厳しい戦いが待っている。だが、力強く言った。

「大丈夫。だって、このコースより難しいところなんて無いでしょう?」

 この試合の直前「私たちも色んな試合で海外に出させてもらって、外に出ることを苦だと思わなくなっていった。今の若い選手たちは、それを“当たり前”と思っていることがすごくいいこと」と、後輩たちの変化を指摘したのは宮里藍だった。

 より高いレベルの世界と接点を持つために、ただ口を開けて待っているだけではない若手選手がいる。華やかなメジャートーナメントの舞台裏。悲哀よりも、気概に満ちた高校3年生を、頼もしく思った。

関連コラム

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!

BACK 1 2 3
野澤真央
橋本千里

ゴルフの前後のコラム

ページトップ