ブラジルW杯通信BACK NUMBER

逆転のGL突破へ、「超V字回復」を。
遠藤、岡崎、本田、それぞれの“志”。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/23 11:20

逆転のGL突破へ、「超V字回復」を。遠藤、岡崎、本田、それぞれの“志”。<Number Web> photograph by Getty Images

GL最終戦、コロンビアとの試合に向け調整を行なう本田圭佑。今大会日本唯一のゴールを決めている男にかかる期待は大きい。

本田「戦う限り可能性はゼロでない」

「FKの感触がよくなっている」と胸を張るのは遠藤保仁だ。

「コロンビアの選手はメチャメチャ背が高いわけではない。チャンスはある。キッカーが精度の高いボールを蹴っていければいいと思う」と自信を覗かせる。前回の南アフリカワールドカップでは、グループリーグ第3戦のデンマーク戦で直接FKを決め、3-1の勝利に貢献している。4年前の再現を狙う意欲は強い。

 W杯の歴史において「初戦負け、第2戦引き分け」から決勝トーナメントに進出したチームは一つだけある。2002年日韓大会のトルコだ。トルコは決勝トーナメント1回戦で日本に勝ち、最終的には3位という同国史上最高成績を収めている。諦めなければ何かが起こるという良い例と言えるだろう。

 ときに仲間を叱咤し、鼓舞しながら、日本サッカー界のインフルエンサーとして歩み続けてきた本田圭佑は「戦うことをやめたり、信じることをやめることでその時点で可能性がゼロになる。戦う限り可能性はゼロでない」とミラクルを起こすことを誓った。

 日本サッカーの未来につながる90分を見ることを誰もが祈っている。

関連記事

BACK 1 2 3
アルベルト・ザッケローニ
今野泰幸
ハメス・ロドリゲス
遠藤保仁
本田圭佑
岡崎慎司
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ