フットボール“新語録”BACK NUMBER

岡崎が本田に伝えた“異常”な要求。
「絶対に走るから、見える前に裏へ」 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/06 10:30

岡崎が本田に伝えた“異常”な要求。「絶対に走るから、見える前に裏へ」<Number Web> photograph by Getty Images

強化試合のコスタリカ戦で3点目を決めた柿谷曜一朗を祝福する岡崎慎司。柿谷は香川真司の得点もアシストし、この日は1得点1アシストと大活躍を見せた。

守備から入るザックの戦術との相性もピッタリ。

 欧州や南米のストライカーの場合、“常に裏に走る”という常軌を逸したアクションはとても90分間継続できないだろう。少しでもサボったら、この攻撃は成立しない。だが、献身性と愚直さを持った日本人FWなら、真の約束事にできる可能性がある。

 また、ザック戦術との相性も良い。監督を「チーム作りを攻撃から進めるタイプ」と「守備から進めるタイプ」に分けると、ザックは後者だ。いかにいい形でボールを奪って、そこから縦に速く攻めるかということに重きを置いている。

 そういうコンセプトに“見ないで裏に出すパス”はピッタリだ。もちろん何事もタイミングが重要で、無鉄砲に裏ばかり狙ってもうまくいくはずがない。あくまでベースは、キャッチボールをするかのように足下から足下へ正確につなぐパスである。緻密さは日本サッカーの生命線だ。そのあたりの状況判断はトライ&エラーによって磨かれて行くだろう。本番までにテストの場が限られているのは、気になるところではあるが。

 出し手と受け手がコミュニケーションを深め、さらに日々の練習で感覚を共有できれば、日本代表にしかできない攻撃のひとつになるかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
本田圭佑
岡崎慎司
マインツ
アルベルト・ザッケローニ
酒井宏樹
大久保嘉人
柿谷曜一朗
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ