SCORE CARDBACK NUMBER

好調オリックスを束ねる執念の森脇采配。
~因縁のソフトバンクを倒すため~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/06/05 10:00

好調オリックスを束ねる執念の森脇采配。~因縁のソフトバンクを倒すため~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

「短期決戦が一番得意」という森脇監督。両リーグ通じての30勝一番乗りは、阪急時代以来。

 交流戦に入っても、セの首位を走る広島の二枚看板、前田健太と大瀬良大地に連日土をつけるなど、オリックスが堂々たる戦いぶりを見せている。リーグ最多得点を誇る打線を糸井嘉男、ペーニャが牽引し、投手陣はエースの金子千尋、5月を終えて8勝1敗の西勇輝が磐石で、投打の軸が確立されている。

 投手陣に関しては、以前から「良い」と評判だった。楽天の佐藤義則監督代行などは「あの陣容で、なぜ勝てないのか」と不思議がっていたほどだ。中継ぎ、抑えがしっかりしているだけに、先発が6回までゲームを作れている今季は、相応の実力を発揮できていると言える。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

オリックス・バファローズ
森脇浩司
福岡ソフトバンクホークス
秋山幸二

プロ野球の前後のコラム

ページトップ