SCORE CARDBACK NUMBER

自らの言葉で語り出した、
最速王者・井上尚弥。
~怪物ボクサー、精神面での飛躍~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2014/04/30 10:00

自らの言葉で語り出した、最速王者・井上尚弥。~怪物ボクサー、精神面での飛躍~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

父・真吾さんの肩に乗って歓喜の井上。3階級制覇を狙う井岡一翔との対決にも前向きだ。

“怪物くん”井上尚弥がプロ6戦目で世界チャンピオンになり、日本人世界王者の最短出世記録を更新した。4月6日のWBC世界L・フライ級タイトル戦。メキシコの王者アドリアン・エルナンデスを6回の猛攻でTKOに撃退しての戴冠だった。

 日本人挑戦者が戦う前から有利とみられることは滅多にないが、今回はまさにそれだった。井上はプロ入りに際して、大橋秀行会長が「チャンピオンになれるかではない。ならない方がおかしい」と強調した逸材。試合内容、結果を含めほぼ予想通りだったが、意外なことがあった。勝利の瞬間、師でもある父・真吾さんがリング内に飛び込む前に、新チャンピオンはフロアーに倒れ込み、うつ伏せのまましばらく勝利の感激に浸ったのだ。23年前、辰吉丈一郎が初めて世界王座に就いた直後のパフォーマンスに重なった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 571文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<没後20年総力特集>アイルトン・セナの天才性について。

関連記事

井上尚弥
アドリアン・エルナンデス

ボクシングの前後の記事

ページトップ