SCORE CARDBACK NUMBER

スキージャンプの“鉄人”
岡部孝信が笑顔の引退会見。
~長野五輪・団体金の立役者~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/04/07 16:30

スキージャンプの“鉄人”岡部孝信が笑顔の引退会見。~長野五輪・団体金の立役者~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

勇退する斉藤監督(中央)。岡部(左)は、新監督に就任する原田雅彦(右)とタッグを組む。

 43歳の今なお第一線にいた鉄人が、ついに退くことになった。スキー・ジャンプの岡部孝信である。

 その名を広く知らしめたのは、1998年の長野五輪団体だった。1番手を務めると、2本目に137mのバッケンレコードをマークするなど金メダルに大きな役割を果たした。実績は長野にとどまらない。世界選手権では'95年にノーマルヒルで優勝したほか、'09年のリベレツ大会団体銅メダルを含め計5つのメダルを獲得した。同年のワールドカップでは38歳4カ月で優勝。今シーズン、葛西紀明に塗り替えられたが、当時の最年長優勝記録を大幅に更新するものであった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

岡部孝信
葛西紀明
トリノ五輪
バンクーバー五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後のコラム

ページトップ