Jをめぐる冒険BACK NUMBER

「2020年の昇格」と「ベテラン補強」。
FC岐阜がラモスと進める“長期計画”。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/03/28 16:30

「2020年の昇格」と「ベテラン補強」。FC岐阜がラモスと進める“長期計画”。<Number Web> photograph by Getty Images

岐阜に巻き起こるサッカー熱の中心にいる、ラモス瑠偉監督。2020年のJ1昇格へ、どんな種をまき、どんな策を講じているのだろうか。

J1への昇格目標は2020年。岐阜の視線は遠くへ。

 湘南戦で岐阜にとって痛かったのは、1-2から同点を狙ってサイドバックを交代させた直後に、攻撃のカギを握るスティッペが負傷し、3枚目のカードを切らなければならなかったことだ。負傷さえなければ、首位チームをもう少し困らせていたかもしれない。

 湘南のチョウ・キジェ監督も、ピッチ内外で岐阜の変化を感じ取っていた。

「選手とスタッフが変わって、サッカーに真摯に取り組んでいるのが映像を見て分かりました。ラモスさんが厳しく言われているんだと思いますが、一つひとつのプレーに対するこだわりが間違いなく上がっている。今日もたくさんの記者がここにいるし、スタジアムの一体感からも、本当に新しい力が芽生えてきていると感じます」

 開幕2連勝を飾って一時は首位にも立った岐阜は、3節の山形戦、4節の湘南戦に敗れ、現在は10位。だが、ラモス監督に気にする素振りはない。

「開幕から2試合続けてホームだったから、どんな形でも勝ちたかったけど、これからは結果よりも内容。結果はそのうち付いてくる。この内容で結果が付いてきたら、うちはヤバイいね」

 今シーズンの目標は10位。クラブはJ1への昇格目標を東京五輪のある2020年に設定している。新生・岐阜のチャレンジはまだ始まったばかり。ようやく生まれたサッカー熱を、この先どう育んでいくのか楽しみだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
FC岐阜
ラモス瑠偉
川口能活
三都主アレサンドロ
阿部正紀
清本拓巳
遠藤純輝
水野泰輔

Jリーグの前後の記事

ページトップ