フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

枠内のベストより、心の思うまま……。
浅田真央、世界選手権へ感謝と共に。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto/JMPA

posted2014/03/25 10:30

枠内のベストより、心の思うまま……。浅田真央、世界選手権へ感謝と共に。<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA

ソチ五輪のシングル、浅田真央のフリープログラムは世界中を感動の渦に巻き込み、多くのトップスケーターたちから賞賛の声があがった。

最善を尽くして感謝を伝える場所、世界選手権。

 浅田はソチ五輪のショートからフリーを迎えるまでのわずかな時間に、多くの励ましを受けたと言う。だからソチで、こう語っていた。

「メダルという形で残すことはできなかったけれど、自分の目指す演技ができて、今まで支えてくれた皆さんに、私なりの恩返しができたんじゃないか、と思います」

 その言葉にあるように、ソチのフリーの演技で恩返しはできた。

 でも、もっと感謝を伝えたい。そのためにも、ソチでは出来なかったショートと合わせて、2つともに完璧な演技をしたい。

 オリンピックから世界選手権までの準備の時間は、決して長くはない。4年に一度の大舞台へ向けての日々の、そして大会で費やしたエネルギーの大きさを考えれば、短いと言ってもいい。

 それでも浅田は、最善を尽くして感謝を伝えたいと思っている。

 それが、さいたまスーパーアリーナで行なわれる世界選手権なのである。

関連コラム

BACK 1 2 3
浅田真央
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ