SCORE CARDBACK NUMBER

石垣島の夢を背負って。
大嶺兄弟、大化けの予感。
~伊東ロッテの戦力に食い込め~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byKYODO

posted2014/03/10 16:30

石垣島の夢を背負って。大嶺兄弟、大化けの予感。~伊東ロッテの戦力に食い込め~<Number Web> photograph by KYODO

2月16日、スタメンで揃いぶみした大嶺兄弟。弟の翔太(左)が3安打で兄・祐太を援護した。

 キャンプ地の移転には様々な理由がある。親会社の系列の施設を利用するためだったり、監督の人脈による強い要望があったりといった具合だ。だが、「選手を獲得するため」にキャンプ地を移転した例は珍しい。

 '07年、八重山商工のエース・大嶺祐太をドラフト1位指名で獲得した時のロッテがそうだった。大嶺は地元に近いソフトバンクを希望していたが、当時のバレンタイン監督が「世界の王だからといって言いなりになるのはおかしい」と強行指名に踏み切った。その後の入団交渉の席で、球団代表だった瀬戸山隆三がキャンプ地移転を申し出て、ロッテは石垣島でキャンプを張るようになったのである。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

千葉ロッテマリーンズ
大嶺祐太
大嶺翔太
伊東勤

プロ野球の前後のコラム

ページトップ